林崇税務会計事務所/税務・会計に関するご相談は、当事務所にお任せ

林崇税務会計事務所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-1-8 オーベル渋谷407号
TEL:03-3797-1737
FAX:03-3797-5039
お問い合わせ
 所長 林崇のプロフィール>> 林会計へのアクセスMAP>>

決算書の利益(損失)と税金計算上の所得との関係

今回は、決算書の利益から税務上の所得がどの様に計算され、また所得から税金がどのように算出されるかを分かり易くご説明いたします。

 

 数字が羅列されているため、抵抗感を抱かれる方もいらっしゃると思いますが、最後までお読み頂ければ、会計上の利益にどのような内容の項目をプラス、マイナスして税額計算の基礎となる所得が導き出されるかお分かり頂けると思います。

 

 一読後は、貴社の決算書ならびに申告書を改めて見直してみて下さい。従来とは違った見方、世界が開けると確信しております。

 

 

<事例:渋谷が本店の資本金1,000万円、従業員10名の法人>

 

T.決算書

    

T.決算書

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

7,400,000

 

売上原価

 

 

 

4,000,000

 

 売上総利益

 

 

3,400,000

 

販売費・管理費

 

 

 

 

 給与手当

 

1,000,000

 

 

 法定福利費

 

100,000

 

 

 福利厚生費

 

10,000

 

 

 旅費交通費

 

50,000

 

 

 通信費

 

 

30,000

 

 

 消耗品費

 

50,000

 

 

 交際費

 

 

100,000

 

 

 租税公課

 

80,000

 

 

 減価償却費

 

150,000

 

 

 賃借料

 

 

200,000

 

 

 広告宣伝費

 

200,000

 

 

 雑費

 

 

100,000

2,070,000

 

  営業利益

 

 

1,330,000

 

営業外収益

 

 

 

 

 受取利息

 

 

100,000

 

営業外費用

 

 

 

 

 支払利息

 

 

330,000

 

  経常利益

 

 

1,100,000

 

特別利益

 

 

 

100,000

 

特別損失

 

 

 

100,000

 

  税引前当期純利益

 

1,100,000

 

  法人税・住民税・事業税

 

391,100

 

  当期純利益

 

 

708,900

 

   ・当期の税金                                ・前期の税金

  税目 中間納付  決算納付    計    前期に未払金計上
法人税

100,000

114,400

214,400

250,000

住民税

17,000

87,600

104,600

120,000

事業税

20,000

32,100

52,100

50,000

  計

137,000

234,100

371,100

420,000

 

  ・源泉税の延滞税                                        3,000

 

  ・所得税・利子割(銀行預金の利息から天引きされている税金)

    所得税  預金利息の15%            100,000×15%=         15,000

    利子割  預金利息の 5%                            100,000× 5% =                  5,000

 

  ・交際費の損金不算入(交際費400万円までは、10%が損金として認められない)

                                 100,000×10%=       10,000

 

  ・法人税等の内訳

法人税中間納付

100,000

住民税中間納付

17,000

事業税中間納付

20,000

未払法人税

234,100

所得税

15,000

利子割

5,000

          計

391,100

 

 

 税金計算の基礎となる金額(所得)は、主として、損益計算書の当期純利益に、

1.会計上費用処理しているが、税務上は損金と認められない金額をプラス

2.会計上収益計上しているが、税務上は益金とならない金額をマイナス

 して計算します。

 

(数字の横にある、ABC・・・、@AB・・・、イロハ・・・は、全て後述の説明に対応しております。)

 

U.税務上の所得計算

 

 

 

 

 

 

会計上の当期純利益

 

 

708,900

 

 ・

税務上、所得に加算するもの

 

 

 

 

  損金算入の法人税

 

100,000

@     

 

 

  損金算入の住民税

 

17,000

A     

 

 

  利子割額

 

 

5,000

B     

 

 

  法人税等の未払金

 

234,100

C     

 

 

  延滞税等

 

 

3,000

D     

 

 

  交際費の損金不算入額

 

10,000

E     

 

 

   加算項目計

 

 

369,100

 

 ・

その他加算項目

 

 

 

 

 

 

  預金利息等の所得税

 

15,000

 

 ・

税務上、所得から減算するもの

 

F     

 

 

 前期に計上し、当期支払った事業税

50,000

 

 

所得金額   (@+A+B−C)

1,043,000

A +

B +

                                             C − D

 

@ 当期の法人税中間納付額の支払い100,000円は損金として認められませんので、所得にプラ

  スします。        

   法人税を支払ったときは、会計上、法人税等という科目で費用処理しますが、税務上は損金

  (会計上の費用に相当するもの)として認められません。

 

A 当期の住民税の中間納付額の支払い17,000円も、法人税と同様に考えますので、所得にプラ

  スします。

 

B 預金利息から天引きされる5%の税金(利子割)は、会計上、法人税等という科目で費用処理

  しますが、税務上は損金として認められませんの出、所得にプラスします。

 

C 法人税・住民税・事業税の当期の確定分(未払計上したもの)は、法人税等という科目で費用

  処理しますが、税務上は損金として認められませんので、所得にプラスします。

 

D 税金の延滞税は、会計上、租税公課という科目で費用処理しますが、税務上は損金として認

  めれませんので所得にプラスします。

 

E 会計上、費用処理できる交際費100,000円のうち、10%の10,000円は、税務上、損金として認

  められませんので、所得にプラスします。また、交際費の金額が400万円を超える場合は、全額

  損金として認められません。

 

F 前期に未払計上した事業税は50,000円は、所得からマイナスできます。事業税は、支払った

  事業年度において損金として認められるためです。一方、法人税及び住民税は、@とAで記載

  した通り、支払いの有無に係わらず、損金として認められません。

 

V.税金計算

 

 

 

 

 

 

<法人税>

 

 

 

 

 

 

  

1,043,000

×

22%

229,460

 

 

   所得税

 

 

 

-15,000

C,ロ

 

 

     差引

 

 

 

214,460

 

 

 

     百円未満切捨

 

 

214,400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<住民税>

 

 

 

 

 

 

 ・法人税割

 

 

 

 

 

 

 

229,000

×

17.30%

39,617

 

 

   利子割

 

 

 

-5,000

B,ニ

 

 

    差引

 

 

 

34,617

 

 

 

     百円未満切捨

 

 

34,600

 

 

 ・均等割

 

 

 

70,000

 

 

 

 

 

104,600

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<事業税>

 

 

 

 

 

 

 

1,043,000

×

5%

52,150

 

 

     百円未満切捨

 

 

52,100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総計

 

 

 

371,100

 

 

 イ. 法人税は、所得金額に一定の税率を乗じて計算します。

    ・税務上の大会社(資本金1億円超の会社)    ・・・30%

    ・それ以外の会社は、以下の2段階で税額を算出します。

                 所得800万円以下部分    ・・・22%

                 所得800万円超部分      ・・・30% 

 

 ロ. 受取利息から天引されている15%の源泉所得税は、国税であるため、法人税額から控除するこ

   とができます。

 

 ハ. 住民税は、法人税割と均等割の合計額となります。

     法人税割は、法人税額に一定率を乗じて算出します。

      当該法人のように、東京都渋谷区所在の場合は、以下の税率となります。

       法人税額(所得税控除前)1,000万円以下の法人  ・・・ 17.3%

                       1,000万円超の法人    ・・・ 20.7%

 

ニ. 受取利息から天引されている5%の利子割は、地方税であるため、住民税額から控除するこ

   とができます。

 

ホ. 均等割は、本店、支店等、事務所で営業していることにより、都道府県、市区町村より課され

   る税金で、資本金等の金額及び従業員数を元に計算されます。

    赤字であっても課税され、最低額は70,000円です。

 

ヘ. 事業税は、法人税と同様に、所得金額に一定率を乗じて算出します。

      当該法人のように、東京都所在の場合は、以下の税率となります。

        所得400万円以下部分            ・・・ 5.0%

        所得400万円超800万円以下部分      ・・・  7.3%

        所得800万円超部分              ・・・  9.6%

 

 

※ 本ブログの内容には慎重を期しておりますが、万一損害が発生した場合においても、
   当事務所では一切の責任を負いませんので、ご了承下さい。

 

 

 

林会計事務所のメイン業務はこちら!!

経営者の皆様! 起業家の方へ 個人の皆様へ セカンドオピニオン!!

初回ご相談¥10,000〜

法人設立から申告まで 初回ご相談¥10,000〜 セカンドオピニオンとは??
Copyright (C) 2007 Takashi Hayashi kaikeijimusho. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】